【2017.6.17】さとん選手 自らの誕生日に走者一掃のタイムリー2塁打

初対戦となるブルーウイングスさんを迎えてのVSO戦。
第一試合のフライヤーズ対ブルーウイングス戦は、渋谷区のスローピッチ大会で優勝経験のあるブルーウイングス打線が初回から爆発。追うフライヤーズ打線も石塚の本塁打を皮切りに反撃し逆転するも、ブルーウイングス打線が2回も爆発し逆転を許す。
先発小松はチームメイトのアドバイスもあり3回以降は1失点に。打線も6発22得点で引き離しにかかりそのままゲームを決めた。

第二試合はアトラス打線が小刻みに得点を重ねるも、5回裏にグラウンドスラムで試合をひっくり返されると、そのまま時間切れとなりブルーウイングスの逆転勝ちとなった。

第三試合は3回まではアトラス先発の清水が四球を出すも要所を打ち取り5対2とまずまずの展開。が、自身初の4イニング目に突入したところでフライヤーズ打線の猛打を食らい、悔しい敗戦となった。

なおこの日はフライヤーズ小松聡子選手の誕生日。その小松「さとん」聡子選手は第三試合で走者一掃のタイムリー2塁打を放つ活躍をしました。

埼京フライヤーズ対ブルーウイングス(第一試合)


ブルーウイングス対武蔵野アトラス(第二試合)


武蔵野アトラス対埼京フライヤーズ(第三試合)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です