【2017.5.7】最後の最後までわからない痺れる展開

第二試合は初回フライヤーズ打線が石井のタイムリーと國重の3号で先制。
ボルメッツも4番に抜擢の小野のタイムリーと清水の犠牲フライで3点を挙げ反撃。2回ボルメッツはアソウの逆転2ランと小野のタイムリーで6対4とする。その後両者好守に阻まれ点が取れないまま終盤に。
5回フライヤーズは國重のタイムリーで6対5と1点差に詰め寄るが、ボルメッツも6回にアソウのタイムリーで7対5と貴重な追加点。
このままボルメッツ勝利か・・・という終盤。7回に小松、石塚、近江と連打が続き、小林・石井・國重のタイムリーで3点をあげて土壇場で8対7の逆転。
1点差ビハインドの7回裏ボルメッツだったが、第二試合何か持ってる4番小野が内野安打をキメるとフライヤーズ守備の乱れから一気に三塁へ。続く小堀は強肩さとん選手に刺されライトゴロに倒れるも三塁ランナーの小野がホームインして同点。後続が倒れサヨナラにはならず時間切れとなり8対8の引き分けで終了した。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です