【2017.4.29】7回裏2死1・2塁、1ボール2ストライクからサヨナラ3ラン被弾 打ったのはこの日アトムズで出場の田中

4月29日に行われたSKBアトムズ戦。今年からユニフォームで参戦でテンションもあがる。
試合はロースコアの展開。普段はフライヤーズ所属の田中はVSO打撃陣の癖を知り尽くした老獪なピッチングを展開。双方守備にファインプレーが飛び出し、譲らずの展開。

4対3で迎えた最終回。1点ビハインドを追うVSOは宇野・高橋の連続安打でチャンスを作ると原田の内野ゴロで同点。木原の二塁打で逆転に成功する。さらなるチャンスであったが主砲石井、川崎が凡退に倒れるも1点リードのまま7回裏へ。

7回裏ランナー1塁2塁も2アウトで打席には田中。マウンドの小松は早々と田中を2ストライクに追い込むもボールを1つ挟んで4球目が痛恨の田中にとってご馳走の球筋。打球はセンターフェンスを越えてサヨナラ3ラン。
ホーム上で田中を揉みくちゃにするアトムズ。あと1球に泣いた小松であった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です