【2017.5.21】初対戦から18年目、今季初レッドキャップス戦

初対戦から18年目、今季初のレッドキャップス戦となるこの日のゲーム。
第一試合は2回にレッドキャップス打線が爆発し6点を先制。レッドキャップス先発のリヴィングレジェンド蒔田投手の前に封じられていたフライヤーズ打線が4回に爆発。小林・石井のアベックアーチで同点に追いつくも、5回時間切れ終了。

第二試合はアトラス対フライヤーズ戦。フライヤーズ打線はホームラン1本ながらも四球~長短打攻勢で終始圧倒し、勝利を収めた。

第三試合はアトラス助っ人陣が活躍し、ダブルスコアで大勝。この試合でレッドキャップスのプレーイングマネージャー永井選手が自身の持つチーム最長年齢本塁打記録を更新する2本塁打を放った。

埼京フライヤーズ対日暮里レッドキャップス (第一試合)


武蔵野アトラス対埼京フライヤーズ(第二試合)


日暮里レッドキャップス対武蔵野アトラス(第三試合)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です