フライヤーズ石井選手スロピ通算150本塁打&小松投手通算250勝 ダブルで達成

VSOの埼京フライヤーズ所属の石井選手と小松選手が新たな記録達成です。
4月7日に掛け持ち先であるキャピタルシティ・セインツ(VSOと同じく革ボールのスローピッチソフトボールチーム)の試合に於いて石井選手がスロピ通算150本塁打を、小松投手が通算250勝をダブルで達成しました。
石井選手は2010年の入団以来8年連続2桁本塁打を放つVSOが誇るスラッガーで、2015年に通算100号を達成してます。MLSのキャピタルシティ・セインツには2015年から加入。今シーズンは開幕戦からホームラン量産体制。この日は3打数3安打3本塁打と大爆発しました。
小松投手は1999年6月にスロピ投手としてデビュー。2002年から15年連続で2桁勝利。過去に17回の完封勝利を挙げてます。2014年に通算200勝を達成し、MLSのキャピタルシティ・セインツには2016年から加入しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です